素敵なご寄付をいただきました。

ご利用者のご家族や、昭和村出身の方から素敵なご寄付をいただきました。

こちらは、鶴と亀のおめでたい飾り物です。昭和村ご出身の末下さんからのご寄付です。
全て手作りで、ちりめんの布を使って、一つひとつ、とても丁寧に作ってあります。
IMG_1295
南天の木の枝に乗っているのは9匹の猿。それで「苦難(九難)が去る(猿)」だとか。
よく見ると、とてもかわいらしいのです。
IMG_1295 (2)
IMG_1297 IMG_1296

そして、こちらは手作りのとんぼ。ご利用者のご家族の星さんよりいただきました。
尖った口の先だけで、ヤジロベイのようにバランスをとっています。
もちろん、台座も手作りです。
ご覧になった方は、皆さんとてもびっくりされて、そして感心されて行かれます。
IMG_1107IMG_1104

二つとも、とっても素敵な作品なので、玄関に飾りご利用者やご面会の皆さんに
眺めていただいています。

お二人ともありがとうございました!

清掃ボランティア

夏祭りが過ぎたら、ずいぶん涼しくなってきましたが、
今年はとても、暑い暑い夏でしたね。

そんな暑さも最高潮の8月上旬、除草や窓ふきのボランティアの皆さんがおいでくださいました。

まず、8月5日には、五十嵐さん、小林さん、本名さん、渡部さんの4名のグループで、
外回りの除草作業を行ってくださいました。
毎年、年2回ずつ行ってくださいます。
アスファルトの割れ目や煉瓦の目地から生えてくる雑草は、抜き取るのも一苦労です。
それを、丁寧に抜き取ってくださり、施設の廻りがとてもきれいになりました。
8.05除草ボラ

また、8月7日には、昭和村赤十字奉仕団の皆さんが、窓掃除に来てくださいました。
外から掃除してくださるチームと、中で掃除してくださるチームに分かれて、お互いに作業を分担しながら行ってくださいました。
IMG_0950 IMG_0951
たくさんある窓ガラスも、大勢の皆さんの手に掛かり、1時間半ほどで大半の窓ガラスがピカピカになりました。
IMG_0956 IMG_0953

二つのグループの皆さん、本当に暑い中、汗をかきながらの作業で大変だったと思いますが、皆さんのおかけで、すっきりと、さっぱりとした気分でお盆や夏祭りを迎える事ができました。
ありがとうございました!

ご寄付、ありがとうございました!

4月からこれまでの間、たくさんのご寄付をいただきました。

まずは、ご利用者のご家族の横田さんより、車椅子をいただきました。
ご家族皆さんで車椅子をお持ちくださいました。大切に使わせていただきます。
IMG_0268

また、山菜、お米、タオル、かすみ草など、たくさんのご寄付ありがとうございました!
太くて美味しそうなわらび!そしてとても美しい色つきのかすみ草。
IMG_0344IMG_6538
↓そしてこちらは「しおで」です。
IMG_0649
「しおで」は、山アスパラとも呼ばれ、とても美味しい山菜ですが、点在して生えているため、見つけるのが大変困難なため「幻の山菜」とも言われるそうです。

皆様、本当にありがとうございました!

7月の出来事①・・・わらべの会訪問

7月11日に、わらべの会の皆さんが昭和ホームに来てくださいました。
「ふるさと」「ソーラン節」「夏は来ぬ」「ドレミの歌」「楽しいね」「切手のないおくりもの」の6曲をご披露いただきました。
IMG_0656IMG_0658
「ふるさと」を一緒にうたったり、他の曲も手拍子したりなど、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。
IMG_0659

6月の出来事①・・・家族会奉仕作業

家族会の総会と奉仕作業は、6月7日に行われました。
奉仕作業では、エアコンや換気扇のフィルター掃除をしていただきました。

エアコンのフィルターを外したりはめたりするのは主に男性の方で、
フィルターを洗ったり、拭き取ったりするのは主に女性の方に担当していただきました。
IMG_0489IMG_0486 IMG_0488

これで、夏のエアコンもすっきりきれいな空気で使用できます!
IMG_0495
その後家族会の総会を行いました。たくさんのご家族の皆さんにご参加いただき、ありがとうございました!

絵画のご寄付

昭和ホームが開所して間もない、15年前頃、1枚の大きな油絵をご寄付いただきました。
ご寄付くださったのは、昭和村在住の五十嵐唯一さん。
お若い頃から絵を描くのがお好きで、毎年文化祭や展覧会にも出品されていらっしゃいます。
この絵は「山の祭り」というタイトルです。
昭和村大芦地区の「ダイモチ引き」の様子を描かれたそうです。
IMG_8988

大芦地区では現在のような舗装道路になる前までは、川に渡す橋を作るための木材を準備するために、まだ雪の残る春先に、山から大木を切り出して運んだそうですが、それを村人総出で行ったそうです。
川に渡す程の長くて大きな木ですから、それはそれは、大変で危険な作業だったと思います。
そのため、運搬の途中で何度かの休憩があり、おにぎりやお酒が振る舞われ、「いきまをつけて」集落まで運んだとのこと。
大変な作業ではあったでしょうが、きっと当時の方にとっては、春を告げる心が浮き立つような行事だったのかもしれません。
IMG_8989
こちらが、作者の五十嵐唯一さん。現在ショートステイをご利用中ですが、まだまだとてもお元気です。トレードマークのベレー帽をいつも被っていらっしゃいます。
「昔見た、ダイモチひきの様子を思い浮かべながら描いた」とのこと。
当時の様子をとても懐かしそうにお話ししてくださいました。

「ばんでぇもち」を食べました。

毎年お正月を前にしたこの時期、大芦の五月会様より、つきたての「ばんでぇもち」をいただきます。
「ばんでぇもち」とは、うるち米100%のもちで、昭和村の大芦地区に昔から伝わる郷土食です。冷めても堅くなりにくく、歯切れも良く、とても美味しいお餅です。
IMG_8431
12月17日のお昼ご飯に、頂いたばんでぇもちを、「けんちんのツユもち」にして皆さんに召し上がっていただきました。
IMG_8572 IMG_8577
みなさん、「おいしい、おいしい」と大変喜ばれ、ほとんどの方が完食。
普通のもちに比べて粘りは少ないですが、その分お年寄りの皆さんは安心して食べていただくことが出来ます。
IMG_8576IMG_8592
五月会の皆様、ありがとうございました!

昭和村老人クラブ連合会「友愛訪問」

12月9日、昭和村老人クラブ連合会の皆様の友愛訪問がありました。
昭和村老人クラブ連合会様では、毎年年末の時期に、全会員の皆様より募ったご寄付を、会長さん、事務局長さんと女性部の皆さんで「友愛訪問」としてお届けくださいます。
今年も会員の皆様からの温かいお心遣いを、ありがたく頂戴いたしました。
IMG_8551
例年ですと、「友愛訪問」ですので、ご利用者の皆さんに親しく声を掛けてくださったり、お話をしてくださるのですが、今年は村内で風邪の流行が始まっていることから、ご利用者の皆さんとの対面は、ご遠慮いただきました。
会議室では、昭和ホームからは増床に関する説明などをさせていただき、貴重なご意見も頂戴しました。
IMG_8555
皆様、本当にありがとうございました!

ビオラの苗を植えました。

11月6日、前日にご寄付で頂いたビオラの苗をプランターに植え替えました。
作業したのは、環境美化委員会のメンバーです。

良いお天気で、作業も順調に進んだようです。
IMG_8188IMG_8185
IMG_8187IMG_8191

プランターは食堂の外に並べられ、ご利用者の皆さんにも眺めていただいています。
IMG_8225 IMG_8228
「花を眺めて怒る人はいない」と言いますが、明るい色の花は見ているだけで優しい気持ちになれます。
ご寄付くださった本名様、本当にありがとうございました!
IMG_8177